BLOG

ブログ

情報発信

プロハで自費出版をしてみてわかった、コミュニティで本を作る面白さ。

プロハとは プロハとは、TOKYO PRODUCERS HOUSE(トーキョープロデューサーズハウス)の略で、2015年4月に東京都千代田区の神田錦町にオープンした、コワーキングスペース&イベントスペースのことを指します。 元々雀荘だった2階を、手作りで改装し、自らコンセプトをつけてメンバーを募集...

アウトプット・実践術

会社員だった僕が池袋で読書会をやってみた体験記

読書会とは そもそも読書会とは何でしょうか。 読書会とは、主に休日の朝や休日の午後また平日の夜などに、アクセスの良い都心部の喫茶店などに集まって特定のテーマに合わせて持ち寄った本を皆で読み、感想や知見をシェアし合う会のことです。 主に参加者は社会人や就活生が中心で、ビジネス書をテーマに読書会が行なわれること...

カメラ・撮影

【人数別】プロカメラマンが教える、イベントで集合写真を撮影するときのカメラの設定

イベントで集合写真が大事である理由 イベント終了後に撮る集合写真はSNSと相性抜群 イベント主催者をやっていく上で大事にしてほしいのが、写真の大切さだと思います。 特に忙しくても撮ってほしいのが、イベントが終わる直前に取る参加者全員での集合写真です。集合写真というものは学校では少々面倒くさいような記憶がある...

カメラ・撮影

SNS全盛時代に、写真をどう活用するべきか?~記録・集客、ブランディング

SNSにおける写真とは 記録としての役割 イベントを考えたり、勉強会を考えたりする上で、SNS を使って自分のイベント情報、コミュニティ情報を発信することは必須になります。 その上で必要になってくるのが、写真という要素です。 SNS 全盛時代である現代では、写真をどう活用するべきかを意図的に考え、実践してい...

アウトプット・実践術

会社員が個人でブログを始めるときに準備すること・考えること

会社員が個人でブログを始めたいと考えた時に最初になぜブログをやってみたいのかについてまとめてみることが必要です。 会社員がブログを書こうと考える主な理由 理由1:自分の考えや日々の経験をすべて残していきたい 自分の考えや毎日学んだこと、感じたこと、経験を全て文章の形で残していきたいと考えていくことが、ブログ...

アウトプット・実践術

会社員が個人で電子書籍を出そうと思ったときに最初に考えること・用意すること

会社員でも出せる電子書籍のテーマには、何がある? 会社員でも出せる電子書籍とは、会社員が本を出すことで、自分の個人での執筆活動の実績や経験を積むことができます。 会社員で出せるというと分野は限られてきますが、実は会社員の趣味を形にするなどの方法で会社員が電子書籍を出すことができます。 実際、電子書籍を出すこ...

インプット

良い読書会を見つける方法、悪い読書会を見破る方法

読書会とは 良い読書会を見つける方法、悪い読書会を見破る方法についてお客さん側の視点でどんなことを考えればいいかについてお話ししていきます。 読書会を参加するためには、まずインターネットのイベントポータルサイトなどで読書会や、勉強会といったテーマで募集されているイベントを検索し、自ら申し込む必要があります。...

アウトプット・実践術

面白いことを考えるときのアイデア発想法とコツ

僕自身がこれまで体感してきた、アイデアをまとめる大切さ 僕自身、オリジナルのビジネスをいくつも考えてきた 僕自身、これまで5年間会社員の時代からいろんなアイデアを思いついてはまとめ、人に伝えることで実現してきました。 アイデアを数々と実現してきた身から考えると、アイデアの発想法にはいくつかコツあるなというこ...

アウトプット・実践術

最短最速でプレゼン資料をつくる方法

プレゼン資料は時間が命 作り方のステップで時間がかわる ビジネスやサービスのアイデアを思いついたときは、プレゼンテーション用のスライドをつくって関係者に共有し、自分のアイデアを人に伝えられる形に整理することが必要です。 しかし、プレゼン資料は慣れていないとなかなかうまくつくれないもので、良いアイデアを思いつ...

アウトプット・実践術

社外にクリエイティブな話ができる人間関係をつくろう

同級生や同僚だけだと、愚痴を言うだけの関係になりがち 仕事に慣れてきたら、仕事のスキルアップをがんばるのと並行して、クリエイティブな話だけをする人間関係を作ってほしいなと思います。 同級生や同僚はたしかに大事ですが、成長という意味では足を引っ張り合うこともあります。 地元の友達や大学の友達、現在の会社の同僚...